父親の存在

f0010138_22442053.jpg

父親は特別に優しいわけではない、と今は思っていました。幼いころの記憶は薄いけれど記録(写真)は嘘をつかないと思いました。いつも誠実に仕事をこなす人だと、子どもながらに感じていた記憶は鮮明にあります。心配の種がこれでなくなっんではないかな〜。遅くなりました。
[PR]
by tai_soukensya | 2012-03-22 22:51 | ブログ